会場設営に励む作品出品者=9日、高岡市の富山県高岡文化ホール

カルチャー祭り、10日開幕 富山新聞文化センター、高岡の2会場

2018/03/10 02:02

 富山新聞文化センターカルチャー祭り2018(同センター、富山新聞社主催、同センター講師の会「富山アカデミー」共催)は10、11日、高岡市の富山県高岡文化ホールと富山新聞文化センター高岡スタジオの2会場で開かれる。9日は作品展の出品者が会場設営を進めた。

 

 作品展示では、70講座による絵画や書道、手芸などの個性が光る作品約500点が並べられた。高岡大仏や県美術館から眺めた立山連峰など富山の魅力を絵手紙で表現した作品が存在感を示した。

 

 舞台発表では、65講座による園児から大人までの約700人がダンスや日本舞踊、楽器演奏などの熱気あるステージを届ける。

 

 10日には囲碁大会と聞香席、11日には茶道裏千家による茶会が開催される。

 

 両日とも、各会場で40講座の無料体験会が開かれ、生け花やヨガ、楽器演奏などを楽しめる。県高岡文化ホールの入場料は500円(2日間有効)で、一部は無料。問い合わせは富山新聞文化センター高岡スタジオ=0766(26)7000=まで。