ノーベル賞田中耕一氏が特任教授 富大、県立大で講義

2018/03/10 02:02

 ノーベル化学賞受賞者で島津製作所シニアフェローの田中耕一氏(58)=富山市出身=が4月から富大と富山県立大の特任教授に就く。両大で秋に特別講義、5月に学生や研究者を対象に講演会を計画している。

 

 石井隆一知事が9日、富山市の県民会館で開かれたとやま未来創生産学官連携推進会議で明らかにした。

 

 石井知事は会合後、推進会議に設ける「医薬品コンソーシアム(共同体)」に触れ、「(共同体との)接点が生まれ、田中さんに活躍していただければありがたい」と話した。

 

 遠藤俊郎富大学長は「一緒に仕事をする機会をうれしく思う」、石塚勝県立大学長は「人材育成で大きな成果が得られると確信している」と述べた。