富山市の魅力を発信するポスター=同市新桜町

富山の魅力、写真やキャッチコピーで 市、中心部にポスター掲示

2018/03/10 02:02

 富山市は、市中心部で、写真を通じて市の魅力を発信する「AMAZINGTOYAMA(アメージング・トヤマ)写真部」のメンバーが写真撮影したポスター42枚の掲示を始めた。地域の日常を写真とキャッチコピーで紹介し、富山の住みよさを市民や観光客らにアピールする。

 

 写真部の活動を監修する同市出身の写真家テラウチマサトさんが指導した。春の松川べりの桜と花見客を撮影した写真に「満開のころを過ぎても、それぞれ花のある人生でいきましょう。」などのキャッチコピーが記されている。ポスターは18日まで掲示する。