【石川ー富山】先発で14勝目を挙げた富山の乾=金沢市民野球場

サンダーバーズ2日にも後期V 乾トップタイ14勝目

2018/09/02 01:49

 ルートインBCリーグ後期(1日・金沢市民野球場ほか)西地区1位の富山GRNサンダーバーズは石川ミリオンスターズを9―3で破り、雨天中止を挟み4連勝で21勝8敗2分けとした。2位の福井も勝ち、西地区後期優勝へのマジックナンバーは「1」となった。2日に魚津桃山運動公園野球場で行われる石川戦に勝てば、優勝が決まる。

 

 先発の乾は7回3失点で、2点本塁打を許した二回以外は毎回の10三振を奪い、リーグトップタイの14勝目を挙げた。八回は古村、九回は大井が一人の走者も許さなかった。

 

 攻めては初回に河本、榎本の連打で先制。長尾は四球を選び、2死一、三塁からキムが左中間へ三塁打を放ち、2点を追加。マクシーも続き、計4点を取って流れをつかんだ。

 

 四回には河本、榎本の単打、髙山の犠打から、海老原がセンターにはじき返して2点を追加した。六回には長尾がソロ本塁打を放ち、単打や相手の失策も絡めて加点し、計16安打で打ち勝った。

 

 ◇石川-富山6回戦

 

富 山410211000―9

 

石 川020001000―3

 

▽勝 乾21試合14勝4敗▽敗 森野20試合4敗▽本塁打 桒原4号(2)(石)、長尾4号(1)(富)