後期優勝のビールかけに歓喜する富山の選手=12日、高岡市営城光寺球場前

サンダーバーズ、後期Vに酔う BCリーグ、最終戦終了後にビールかけ

2018/09/13 01:50

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ西地区後期優勝の富山GRNサンダーバーズは12日、高岡市営城光寺球場前で後期最終戦の試合終了後、ビールかけを行い、昨年前期以来6度目となる優勝の喜びをファンと分かち合った。

 

 午後4時ごろ、河本光平主将の合図でビールかけが始まると、就任1年目で優勝に導いた伊藤智仁監督や、選手たちが水中メガネなどを着用して、ビールを掛け合った。用意されたビールは約20分でなくなった。

 

 伊藤監督は「(後期は)投打とも安定した戦いができ、大きな連敗もなかった。ミスをなくし、チーム一丸となって日本一を目指す」と意気込んだ。新潟アルビレックスBCとの試合は1―5で敗れた。

 

 富山は、西地区優勝を懸けて15日から前期優勝の福井ミラクルエレファンツを相手に、2勝先勝の地区チャンピオンシップに臨む。