高架化された下り線ホーム線路脇の管理通路で説明を受ける参加者=あいの風とやま鉄道富山駅

富山駅の高架化完成 あいの風鉄道下り線ホームで見学会

2019/02/18 01:50

 あいの風とやま鉄道富山駅の高架化工事で、下り線ホームが17日までに完成した。一般見学会が同日開かれ、富山県内外から訪れた約160人が真新しいホームや線路、改札口を見て回り、3月4日の供用開始を心待ちにした。4月下旬には新ホーム下を通り、富山駅の南北を結ぶ歩行者用通路の開通を控えており、利用者の利便性が向上する。

 

 あいの風とやま鉄道富山駅では2015年4月に上り線ホームの供用を開始し、下り線ホームは工事が進められていた。

 

 新しい下り線ホームからエスカレーターで降りた先には北陸新幹線の改札口があり、スムーズに乗り換えできるようになる。従来の下り線ホームから新幹線に乗り換えるには陸橋を渡るなど長距離の移動が必要だった。

 

 ホームの白い柱は北陸新幹線ホームと同様、雪をかぶった立山スギをイメージした。駅の外からは白い林のように見え、新しい夜景スポットとして期待される。

 

 改札口の柱にはベニズワイガニや越中八尾おわら風の盆、ライチョウ、チューリップといった富山名物の装飾が施された。

 

 見学会では、参加者は新しいホームから下り、普段は立ち入りできない管理通路を歩き、線路を間近に見たり、ホームの高さを測ったりした。

 

 富山市堀川小4年の姫野理央君は「未来的でかっこいい駅。列車に乗る日が待ち遠しい」と笑顔を見せた。富大4年生の大場眞寧さん(22)=東京出身=は「愛着がある富山駅がきれいになってうれしい」と話した。

 

 見学会には富山県のほか千葉や兵庫、愛知県などから571人の応募があった。当初は1回30人で2回の開催を予定していたが、1回の定員を41人にし、4回に増やした。

 

 富山駅高架下では20年3月末に路面電車の南北接続が完了する。