栄町駅を通過する列車=富山市石金1丁目

栄町駅開業を祝う 富山地鉄 16日から利用開始

2019/03/16 01:50

 富山地方鉄道不二越・上滝線の栄町駅(県立中央病院口)開業式は15日、富山市の同駅で行われ、住民や関係者が同病院への利便性向上や周辺の活性化に期待を込めた。16日の始発から利用される。

 

 栄町駅は稲荷町―不二越間に新設された。ホームは60メートルで、上屋付きの無人駅となる。

 

 電鉄富山駅まで4分、南富山駅まで5分で、1日約200人の利用客を見込む。運賃は電鉄富山-栄町駅間と栄町-南富山駅間で、それぞれ大人片道200円となる。

 

 地鉄では新黒部駅以来、約4年ぶりの新駅開業となった。4月には栄町駅から約400メートルの場所に県立大看護学部が新設される。

 

 式では、辻川徹社長と石井隆一知事があいさつし、関係者がくす玉を割った。

 

 栄町駅が最寄り駅となる大田晋也さん(85)=富山市長江2丁目=は「駅も近くなって、とても便利になる」と話した。