臨時観光案内所で観光地を説明する高岡市職員=同市守山町の高岡御車山会館前

臨時観光案内所を初開設 高岡市が2カ所

2019/04/28 01:52

 高岡市は27日、市内2カ所に臨時観光案内所を初めて開設した。10連休で観光客の入り込みが増えることを見据え、市内の観光地や見どころを説明する。

 

 案内所は守山町の高岡御(み)車山(くるまやま)会館前と金屋町の市鋳物資料館に設置された。いずれも重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)の町並みの人気が高い。27日の御車山会館前では東京から訪れた夫婦が観光施設へのルートを訪ね、市職員が案内した。5月6日まで午前10時~午後4時まで、市職員か市観光協会職員、ボランティアガイドが対応する。

 

 27日から5月6日までは、常設の観光案内所の開館時間も延長する。新高岡駅観光交流センターは午前8時~午後8時まで、高岡駅観光案内所は午前9時~午後9時まで開く。