受け付けを済ませるランナー=富山市総合体育館

富山マラソン27日号砲 ランナー、新幹線で関東から続々

2019/10/27 01:35

 富山マラソン2019(富山新聞社後援)を翌日に控えた26日、富山市総合体育館でランナーの受け付けが行われ、出場者がゼッケンや記念のTシャツなどを受け取り、レース本番に向けて決意を新たにした。25日に全線運転が再開した北陸新幹線で訪れる関東方面からの参加者も目立った。

 

 この日は新幹線が運休していた影響で、当初午後8時までだった参加受付時間を同11時半まで伸ばした。東京から新幹線で訪れた大関耕二郎さん(50)は妻の房子さん(49)と一緒に参加予定で、「バスも予約していたけど復旧を知って新幹線にした。圧倒的に早く着くし便利で助かった」と語った。

 

 ゲストのバルセロナ五輪女子マラソン銀メダリストの有森裕子さんや人気解説者の金哲彦さん、招待選手の藤原新さん(富山市)、野尻あずささん(同、雄山高出身)、射水市出身のシンガー・ソングライター水越ユカさんによるトークショーもにぎわった。

 

 富山マラソンは今年5回目で、高岡市役所前~富山市の富岩運河環水公園のコースで27日午前9時にスタートする。