来館者100万人達成で記念撮影する関係者=都内

日本橋とやま館100万人達成 開業3年4カ月

2019/10/28 01:42

 富山県が東京・日本橋で運営するアンテナ店「日本橋とやま館」が27日、来館者100万人を達成した。2016年6月4日のオープンから3年4カ月余りでの大台突破となり、今後も体験型イベントを充実させて富山の魅力を発信し、来館者の増加を目指す。

 

 100万人目となったのは横浜市在住の神尾崇文さん(29)。友人の坂上美沙希さん(25)と初めて訪れ、荻浦明希子館長から記念品として、富山の特産品の詰め合わせを受け取った。神尾さんは「偶然だったのでびっくりした。良かった」と笑顔を見せた。

 

 100万人目の前後の来館者にも記念品が贈られた。11月4日まで記念キャンペーンを行い、買い物のポイントが2倍となるサービスなどを提供する。

 

 日本橋とやま館は昨年度の来館者数が27万5千人。21年度に35万人に増やす目標を掲げており、荻浦館長は「何度も来館してもらえるようにしたい」と話した。