ラッセル車の動作点検で合図を出す社員=富山市上赤江のあいの風とやま鉄道運転管理センター

ラッセル車、冬へ万全 あいの風とやま鉄道が試運転

2019/11/06 02:32

 あいの風とやま鉄道は5日、富山市の富山貨物駅と新潟県の糸魚川駅間でラッセル車の試運転を行い、冬季の運行に備えた。

 

 富山市上赤江の同社運転管理センターで、ラッセル車の動作点検が行われた。合図に従い、車内の社員が線路上にたまった雪をかき出す「フランジャー」や雪を線路外に払いのける「ウイング」を動かし、適切に動作するかを確認した。

 

 ラッセル車は、レール上に20センチ以上の積雪が見込まれる際に出動する。試運転は、今月中に計6回行う。