ワインを手に乾杯する乗客=21日、万葉線車内

ボージョレ、万葉線で乾杯 車内装飾、ブドウ畑に

2019/11/23 01:40

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の解禁に合わせ、21、22日、高岡市と射水市を結ぶ万葉線で「ワイン電車」が運行され、20人が香り高いワインを手に、車窓の景色と会話を満喫した。

 

 電車は高岡駅を午後6時40分に出発し、中新湊駅で折り返して午後8時15分に高岡駅に到着した。乗客はブドウ畑のように装飾された車内で、ボージョレ・ヌーボーと国産ワインで乾杯し、生ハムやチーズとともに味わった。

 

 砺波市の会社員、梶谷昌子さん(53)は「見ず知らずの人と会話できて、こんなに楽しい電車に乗ったのは初めて」と話した。

 

 ワイン電車は2007年に始まった。