豊富な種類を誇るジャンボ~ル三世グッズ=入善町入膳の町観光案内所

「ジャンボ~ル三世」人気 ハンカチやステッカー グッズ根強い人気 

2020/03/09 01:57

 入善町観光物産協会が販売している町のPRマスコットキャラクター「ジャンボ~ル三世」のオリジナルグッズが、根強い人気を集めている。町観光案内所には18種類の商品がずらりと並び、毎年、新商品を加えたり、デザインをリニューアルしたりして愛好者らの要望に応えている。

 

 特産品の入善ジャンボ西瓜(すいか)をモチーフにしたゆるキャラの「ジャンボ~ル三世」は2012年に誕生し、町のイベントなどで活動し、PRに役立っている。オリジナルグッズの人気上位はタオルハンカチ(500円)、ピンバッジ(300円)、縫いぐるみ(500円)、ボールペン(380円)、クリアファイル(100円)などとなっている。

 

 最近はドライブレコーダーを搭載していることを示すステッカー(500円)も登場。赤ちゃんジャンボ~ル三世を描いた「赤ちゃん乗っています」のステッカーもある。

 

 町観光物産協会は、新商品開発とともに、縫いぐるみをフェルト素材からふわふわの手触りの起毛素材に変え、重しを中に入れて倒れにくくするなど商品の改良にも力を注いでいる。町内外のキャラクターグッズの愛好者に加え、帰省した町出身者にも土産として買い求められており、購入者の声を参考に商品開発に取り組むこともある。

 

 同協会の尾山浩二事務局長は「今後もクリアファイルの種類を増やすなど魅力ある商品を充実させ、入善町を発信したい」と話している。