買い物客の目標を紹介したコーナー=高岡市昭和町のスーパー

コロナに負けず、目標を 高岡のスーパー 「算数がんばる」「免疫力つける」市民メッセージを掲示

2020/05/01 01:34

 新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛が続く中、高岡市昭和町のスーパー「フレッシュ佐武」に、市民が目標を記したメッセージが掲示された。「春から1年生。算数がんばる」「免疫力をつける」「認知症にならないように」といった幅広い世代の言葉が記された。買い物客や従業員からは「元気をもらった」と共感が広がっている。

 

 4月6~14日、買い物客から「新学期・新年度の目標は何ですか?」と題して募集し、147件のメッセージが寄せられた。葉っぱ型の紙に記してもらい、大樹がデザインされた紙に張り付けた。スタッフ90人もつづった。

 

 「コロナに負けず健康に気をつける」と感染防止に取り組む目標が多く、「こんな時だからこそ、小さなHappy、人の温かさにたくさん気付きたい」との声もあった。「保育所がんばる」「薬剤師になるために勉強」といった目標から「孫の成長を見守る」などシニア世代の声までたくさん集まった。

 

 共働きで子ども2人を育てる高岡市城東の会社員宮越さやかさん(33)は「みんな大変な思いをしながら頑張ろうとしていることが分かった」と話した。

 

 メッセージは今月上旬まで飾り、第2弾として免疫力が高まる料理のレシピや健康法を募集する。高森智子店長は「従業員一同、食卓に安心安全な食材を届けることで、その思いに応えたい」と語った。