万葉集の短冊が飾り付けられた万葉線の車内=高岡市荻布

「万葉集トレイン」発車 高岡のまつり盛り上げへ車内に短冊 

2020/09/19 01:16

 10月2~4日に開催される高岡万葉まつりを前に、高岡、射水市を結ぶ路面電車・万葉線に18日、万葉集を書いた短冊がつり下げられた。期間中、万葉集トレインとして運行し、盛り上げに一役買う。

 

 ドラえもんトラムを除く8車両で、越中にちなむ万葉歌を集めた「越中万葉かるた」の100首が現代語訳付きで展示された。大伴家持による「あしひきの 山のもみちに しづくあひて 散らむ山路を 君が越えまく」など秋を感じさせる歌もある。

 

 高岡万葉まつりは今年、新型コロナの影響により、メイン行事「万葉集全20巻朗唱の会」は全4516首を三日三晩かけ歌い継ぐ形式を見送り、事前に募集した動画を配信する。