運動会で元気によさこい 高岡・戸出西部小

2020/10/22 01:25

 高岡市戸出西部小4年生は21日、運動会でよさこいを披露し、63人が保護者の前で練習の成果を示した。7月の戸出七夕まつりで毎年披露している伝統のよさこいで、祭り中止のため発表を延期していた。

 

 秋晴れの中、鮮やかな法被を身につけた児童は、祭りで披露予定だった「よっちょれ」に「南中ソーラン」を加えた2種類で元気に体を動かした。踊りを終えた岡野由奈(ゆな)さん(10)は「延期になっていた分、今日はみんなの心が一つになった」、鉢●紫乃(はちろうしの)さん(10)は「振り付けを間違えずに踊ることができた」と笑顔で語った。

 

 原野克憲校長は「伝統的に取り組んでいるよさこいを今年も無事に披露でき、ほっとしている」と述べた。新型コロナ対策のため運動会を2日に分けて実施し、20日は3年生が「よっちょれ」を披露した。

 

●は虫ヘンに鬣の髟を取る