丹精した菊が並んだ会場=氷見市海浜植物園

丹精の大輪244点並ぶ 氷見市菊花大会が開幕

2020/11/03 01:49

 第30回氷見市菊花大会(富山新聞社後援)は2日、市海浜植物園で始まり、市菊花会員や窪、上庄小児童が丹精した計244点が展示された。市長賞は穴倉務さんの「切花3輪組花富士の新雪」、富山新聞社賞は北島篤子さんの「自由花初春」が受賞した。

 

 24人の会員から盆養の部に132点、切り花の部に52点の出品があった。窪、上庄小の菊作り教室に参加した児童からも60点が寄せられた。5日まで。