リンゴ狩りを楽しむ親子=砺波市頼成

リンゴ狩りとパイ作り楽しむ 砺波

2020/11/08 01:35

 砺波市社会福祉庄東センターの「わんぱく広場」は7日、同市頼成の頼成営農組合のリンゴ園などで行われ、親子35人がリンゴの収獲を楽しんだ。

 

 頼成営農組合の林洋央理事が「おしりの部分が黄色いリンゴを選び、実を上に持ち上げて摘んでほしい」と説明した。リンゴ園は約1・5ヘクタールに約200本が栽培され、子どもたちは大喜びで1人2個ずつ摘んだ。

 

 家族で訪れた同市出町小4年の朝日花恵さんは「リンゴは大好き。大きな実が取れた」と笑顔を見せた。 この後、庄東センターでアップルパイを作った。