リーグ優勝へ気持ちを新たにトレーニングする選手=高岡市のボールパーク高岡

ホッとニュース

リーグ王者へ「競う」 田畑ナイン指導 サンダーバーズ高岡でキャンプイン

2020/03/15 01:25

 ルートインBCリーグ・富山GRNサンダーバーズは14日、高岡市のボールパーク高岡でキャンプインした。田畑一也監督は今季スローガンに「競う」を掲げ、選手たちは12年ぶりのリーグ王者、NPB入りを目指し、激しいレギュラー争いをスタートさせた。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、ファンの見学やセレモニーを中止した。

 

 13日に来日した新外国人の元西武デュアンテ・ヒース投手やテルビン・ナッシュ内野手ら計23人が、投手と野手に分かれてノックや打撃練習に汗を流した。

 

 練習前、田畑監督はスローガン「競う」を発表し、「一人一人がライバルだ。向上心を持ち、1年間野球だけに集中して取り組んでほしい」と呼び掛けた。永森茂社長はコロナウイルスの影響について触れ、「こういう状況がいつまでも続くと思わない。スポーツの力で県民に元気を与えてほしい」とあいさつした。

 

 サンダーバーズは2月3日から合同自主トレーニングを始めた。今季は外国人選手8人を含む計26人で戦う。ルイス・ラミレス投手、ファビアン・ローマン投手、サンディー・サントス外野手兼投手の3人は今月下旬に合流する。