清掃に取り組む親子=砺波市の砺波チューリップ公園

ホッとニュース

フェア中止でも美しく 砺波チューリップ公園 市民300人が清掃

2020/04/05 01:51

 砺波市の砺波チューリップ公園で4日、市民による清掃奉仕が行われた。例年となみチューリップフェアに向けて取り組んでおり、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のためフェアは中止となったものの、市民の力で気分よく来園者を迎えたいと、300人が汗を流した。

 

 清掃には、出町自治振興会や金融機関など9団体が参加した。参加者はほうきや鎌を手に、約1時間にわたって、園路に落ちた枯れ葉や枝、水路にたまった泥、花壇に生えた雑草などを取り除いた。冒頭、夏野修市長があいさつした。

 

 長女と参加した砺波市太郎丸の林愛さん(45)は「フェア中止は残念ですが、砺波市の公園なのできれいにしたい」と話した。

 

 3月の市連合婦人会解散に伴い発足した「絆 となみ女性の会」の50人も参加し、岡部紀子世話人代表は「来園者が楽しめる公園を維持したい」と力を込めた。清掃は5日も行われる。