富山、巨人3軍に大敗 ルートインBCリーグ - 地域スポーツ | 富山新聞社

三回裏、連打を浴び、マウンドに戻る湯浅(中央)=富山市の富山アルペンスタジアム

地域スポーツ

富山、巨人3軍に大敗 ルートインBCリーグ

2018/07/16 01:50

 ルートインBCリーグ・富山GRNサンダーバーズとNPB(日本野球機構)巨人3軍との第2戦は15日、富山市の富山アルペンスタジアムで行われた。富山は先発の高卒1年目ルーキー湯浅が三回、巨人の猛攻を止められず、一挙に11点を失い、14日の大勝から一転、1-12と大敗を喫した。富山は16日午後1時から巨人3軍と第3戦に臨む。

 

 富山は初回、先頭増田に右中間を破る三塁打を放たれ、2番寺内の犠打で先制された。

 

 三回表、1点を返し同点とするも三回裏、四球や暴投、守備の連係ミスで無死満塁。続く3番加藤に左翼線へ走者一掃の二塁打を許し勝ち越され、4番青山に中越えの本塁打を浴びた。 富山は四回以降、後藤、大井、佐藤の継投で巨人を抑えるも打線が沈黙、反撃の糸口がつかめなかった。

 

 「甘く入ったら打たれ、厳しいところに投げようとするとボールになった」と悔しがる湯浅に、伊藤監督は「この試合を次に生かすことが大事」と励ました。