六回、右中間を破る走者一掃の三塁打を放った牧田=金沢市民野球場

地域スポーツ

打線爆発15点 富山GRNサンダーバーズ・オープン戦 二岡監督上々デビュー

2019/03/16 01:50

 BCリーグ・富山GRNサンダーバーズは15日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと今季初のオープン戦を行い、15―4(八回降雨コールド)で大勝した。二岡智宏監督のデビュー戦は六回に打線が爆発し、投げては乾真大が先発で無失点に抑えるなど、攻守がかみ合い、上々のスタートとなった。

 

 富山は四回、一死三塁の場面で新加入の六番松村誠矢が二ゴロを打った間に1点を先制すると、六回には同じく新加入の三番牧田龍輝が右中間を破る走者一掃の三塁打を放つなど打者15人の猛攻で12点を挙げ、勝負を決めた。

 

 二岡監督と巨人、日本ハム時代にチームメイトだった乾が2回無失点、5奪三振で石川打線を封じた。