ロングリリーフで初勝利を挙げた吉田=高岡西部総合公園野球場

地域スポーツ

サンダーバーズ3連勝  信濃に6-3

2019/04/18 01:47

 ルートインBCリーグ前期(17日・高岡市の高岡西部総合公園野球場ほか)富山GRNサンダーバーズは信濃グランセローズに6―3で勝ち、3連勝で西地区首位に浮上した。足を絡めた得点で信濃を翻弄(ほんろう)し、投げては三回から登板した二番手の吉田凌太が4回1失点の好投で今季初勝利を挙げた。

 

 富山は一回、一番松村誠矢が内野安打で出塁すると、すかさず二盗で進塁した。二番榎本葵が中前打で松村を返し、5球で先制点を挙げた。その後も連打で得点を重ね、七回には再び松村の盗塁からチャンスをつくり、榎本が適時打を放った。

 

 投手陣は今季新加入で初先発となった松山真之が二回で降板し、後を受けた吉田が三回からロングリリーフで試合をつくった。初登板の三番手有馬昌宏も1回2奪三振と無失点で守り、粘る信濃を振り切った。

 

 次戦は19日、長野県営野球場で信濃と対戦する。