前期優勝を逃し、ベンチに下がるナイン=高岡市の高岡西部総合公園野球場

地域スポーツ

富山GRNサンダーバーズ、前期優勝逃す ルートインBCリーグ

2019/06/21 02:48

 ルートインBCリーグ前期(20日・高岡市の高岡西部総合公園野球場ほか)富山GRNサンダーバーズは、オセアン滋賀ユナイテッドBCに3―5で敗れ、西地区前期優勝を逃した。五回途中からの継投策が裏目に出て失点し、3位に転落した。同地区は信濃グランセローズが優勝を決めた。

 

 富山は初回、金子将太が右前適時打を放って先制したが、三回に先発吉田凌太が2点を奪われ逆転された。五回1死で吉田が中前打を許すと、ベンチは菅谷潤哉をマウンドに送り、継投策で勝負に出た。しかし菅谷が連続四球で満塁とし、中犠飛で失点。さらにジャレット・ブラウンが右前適時打を許して差を広げられた。

 

 九回は2死三塁と本塁打が出れば同点の場面でケビン・マクシーが見逃し三振に倒れた。

 

 前期優勝を逃し、二岡智宏監督は「育成と勝負の間で自分自身ぶれた部分があった。方向性は見いだせたと思う」と振り返った。

 

 21日は午後2時から同野球場で石川ミリオンスターズと前期最終戦を戦う。