地域スポーツ

密着の稽古避け無期限休止 高岡・福岡町柔道スポーツ少年団

2020/05/08 02:19

 高岡市福岡町柔道スポーツ少年団は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、活動を無期限休止した。相手選手と密着して感染予防を万全にできないことが理由で、関係者は苦渋の決断としている。

 

 同少年団は休校時は活動しないため、3月から稽古を見合わせた。4月に入って県内でも感染拡大が続いたことから無期限休止を決めた。仮に非常事態宣言が解除されても、治療薬が確認されるまで柔道着を着て組み合うことは避け、トレーニングを中心に活動する。

 

 指導者の高田康平さんは「明日にでも再開したいのが本心だが、現状は絶望と言える。団員は今できることに取り組んでいる」と話した。

 

 少年団は約40年前に設立され、年長園児以上なら大人を含めて誰でも参加できる。約20年前は20人以上のメンバーがいたが、休止前は4人に減っていた。