地域スポーツ

体操で運動不足解消 小矢部市、18日からCATV番組

2020/05/14 01:39

 小矢部市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で運動不足になっている市民に向け、十数種類の体操を紹介する番組「みんなで元気!みんなで体操!!」を制作した。18日から市内のケーブルテレビで放映される。

 

 内容は「上半身の体操」「脚の運動」「脳トレ体操」「ストレッチ」の4編。両手を組んで体の側面を伸ばす運動や、指を使った脳トレなどが盛り込まれた。健康運動指導士が進行役を務め、保健師や栄養士と一緒に実演する。

 

 1日6回放送されるケーブルテレビの番組「新・おやべランド」で5分間放映し、番組を見ながら1日計30分の運動が実践できる。

 

 市の介護予防教室などが3月以降中止されており、市は「短時間でも運動を続けることで心身の活動量を維持してほしい」(健康福祉課)としている。