登校する新1年生を見守るKUROBEアクアフェアリーズの選手=黒部市桜井小前

地域スポーツ

ハンド・アクア選手が登校見守る 黒部、横断旗を手に交通安全呼び掛け

2020/05/22 02:02

 黒部市で小中学校の分散登校が始まった21日、桜井小前で女子バレーボール・Vリーグ1部(V1)のKUROBEアクアフェアリーズの選手2人が登校する児童と元気にあいさつを交わし、交通安全を呼び掛けた。

 

 分散登校のため、朝に通学したのは1~3年生で、アクアの小杉凜華(りんか)、白﨑麻友香両選手は横断旗を手に新1年生らを笑顔で迎えた。

 

 富山市出身の小杉選手は「休校が続き、友達に会えなくて子どもたちは大変だったと思う。交通安全に気を付けて学校生活を楽しんでほしい」と話した。黒部署員、市交通安全協会、市交通指導員協議会の会員も参加した。