選手がモデルを務めた特殊詐欺被害防止啓発ポスター

地域スポーツ

特殊詐欺を「ブロック」 アクアフェアリーズ選手がポスターに

2020/10/09 01:26

 女子バレーボール・Vリーグ1部(V1)のKUROBEアクアフェアリーズの選手をモデルとした特殊詐欺被害防止啓発ポスターが8日披露された。「チーム(家族)で特殊詐欺をブロック」と書かれており、黒部市内の金融機関やスーパー、公民館などに掲示される。

 

 ポスターはB3判で、市金融機関防犯協会と市安全なまちづくり推進センター、市防犯協会が200枚を作製した。アクア選手は黒部署の安全安心PR隊として交通安全や防犯活動に努めており、ポスターには丸山紗季主将ら4人の写真があしらわれた。

 

 北陸銀行黒部支店でポスターのお披露目と贈呈式が行われ、松原博史市金融機関防犯協会長が市自治振興会連絡協議会の大上戸(だいじょうご)久雄会長と市老人クラブ連合会の村上勝悦会長に手渡した。髙尾且英署長は「ポスターが多くの人の目に留まれば、被害防止の機運も高まる」とあいさつした。