応援ボードを設置するスタッフ=富山市総合体育館

地域スポーツ

10日のホーム開幕戦へ応援万全 富山グラウジーズ

2020/10/10 01:36

 バスケットボールBリーグ1部の富山グラウジーズは10日午後6時5分から、富山市総合体育館でレバンガ北海道とホーム開幕戦を戦う。コロナ禍(か)の今季、観客の人数を半分に制限する。9日、客席に人型の応援ボード320枚が設営され、ブースターを受け入れる準備を整えた。

 

 応援ボードは「グラファンボード」と銘打ち、チームの運営資金を募るクラウドファンディングの返礼品となる。「コロナに負けるな」「富山を盛り上げろ」などと記されている。コロナ対策で観客同士の間隔を取る必要があり、客が座らない座席に設置した。

 

 観客は入場の際は検温し、大声での声援は禁止とする。高堂孝一社長(48)は「止まっていた時計がようやく動き始める。スポーツの楽しさを感じてほしい」と来場を呼び掛けた。