サクラクエスト、取り組み紹介 富山でパネル展 - おでかけニュース | 富山新聞社

展示品に見入る来場者=富山市の高志の国文学館

おでかけニュース

サクラクエスト、取り組み紹介 富山でパネル展

2017/12/14 01:54

 南砺市が舞台のモデルとなったテレビアニメ「サクラクエスト」をめぐるユニークな取り組みを紹介する特別展が、富山市の高志の国文学館で開かれている。作中に登場する木彫りの靴や王冠を井波彫刻や高岡銅器の技で再現した作品や、南砺市が作中の自治体と姉妹都市提携を結んだことを紹介したパネルが来場者の注目を集めている。

 

 サクラクエストはピーエーワークス(南砺市)が制作した。物語のあらすじをはじめ、モデルとなった南砺市の風景写真がパネルで紹介されている。木彫りの靴は井波彫刻協同組合、王冠は高岡市の若手工芸職人らでつくる高オタクラフト実行委員会が制作した。来年2月5日まで。入場無料。