パネルに顔を出して写真撮影する来場者=氷見市北大町のひみ番屋街

おでかけニュース

忍者ハットリくんや怪物くん、ひみ番屋街に顔出しパネル

2018/12/25 01:36

 氷見市北大町のひみ番屋街中央通路に同市出身の漫画家藤子不二雄(A)さんの人気キャラクターを集めた顔出しウエルカムパネルが設置され、来場者の注目を集めている。24日は親子連れらが記念写真を撮り、まんがのまちに親しんだ。

 

 パネルは縦横1・8メートルで、「忍者ハットリくん」「怪物くん」「笑ゥせぇるすまん」「プロゴルファー猿」と、藤子(A)さんがデザインした市のマスコットキャラクター「ひみぼうずくん」が描かれた。「ようこそ氷見市へ!」のメッセージが添えられている。

 

 大学教員宇野恭介さん(37)=富山市婦中町=はパネルから顔を出して写真に納まる娘2人の様子に目を細め、「楽しめて、いい思い出になった」と話した。

 

 この日はクリスマスイベントとしてひみ番屋街の職員扮(ふん)するサンタクロースが登場し、来場者とともにパネルの前で写真撮影するなどして雰囲気を盛り上げた。サンタクロースからは、来場者に忍者ハットリくんの菓子や氷見市をPRするクリアファイル、ひみ番屋街と総湯のオリジナルタオルなどがプレゼントされた。25日も登場する。