新緑が広がる絶景に見入る観光客=黒部市の黒部峡谷鉄道欅平駅付近

おでかけニュース

トロッコ電車が全線開通 黒部峡谷鉄道 新緑広がる絶景堪能

2019/04/30 02:00

 黒部峡谷鉄道(黒部市)のトロッコ電車は29日、宇奈月―欅平(けやきだいら)間(20・1キロ)の全線が開通し、日本一深いV字峡に映える新緑に国内外の観光客が見入った。4月中の全線開通は2007年以来、12年ぶりで、昨年の5月5日より6日早い。

 

 同社によると、全通初日の乗降客数は約8400人で、昨年と比べて約1千人増えた。10連休に合わせて訪れた県外の家族連れや、台湾の団体など海外客も目立ち、急流の黒部川沿いを走る車両から歓声が響いた。

 

 トロッコ電車は、20日に笹平までの7キロで営業運転を再開していた。今季の運行期間は11月末までで、黒部峡谷鉄道は71万人の乗降客数を目標に掲げている。