ホームに設置された広告パネル=富山地鉄上市駅

おでかけニュース

「おおかみこども」の大型パネル登場 上市駅、ふるさとアピール

2019/06/18 01:45

 上市町の富山地鉄上市駅に17日、町出身のアニメーション映画監督細田守さんの作品「おおかみこどもの雨と雪」の大型広告パネルが登場した。作品の舞台で、モデルとなった民家がある町を「おおかみこどものふるさと」としてアピールする。

 

 パネルは2番ホームに設置された。縦2・7メートル、横1・8メートルで、ポスターにもなった「雨」と「雪」のきょうだいを母親の「花」が抱きかかえる構図となっている。

 

 2012年に公開された作品は、上市町など富山県内各地の風景や建物が描かれた。主人公家族の家のモデルとなった民家はNPO法人「おおかみこどもの花の家」によって管理され、町の観光資源として、全国からファンが訪れている。