ミニ列車を楽しむ家族連れ=小矢部市のクロスランドおやべ

おでかけニュース

ミニ鉄道出発進行 クロスランドおやべ 家族連れ歓声

2020/04/06 01:34

 小矢部市のクロスランドおやべで5日、今シーズンのミニ鉄道の運行が始まった。家族連れが北陸新幹線やSLを模したミニ列車に乗り、春風を受けて歓声を上げた。

 

 ミニ列車が池などに沿って8の字形に敷かれた全長約600メートルの線路を1周する。子どもたちは線路沿いでカメラを構える家族らに笑顔で手を振った。

 

 今年は約10年前まで走っていた蒸気機関車を復活させる予定で、クロスランドミニ鉄道クラブの高橋菊雄会長(77)は「列車の上からさまざまな景色を楽しんでほしい」と話した。

 

新型コロナウイルスの感染防止に配慮し、利用者は間隔を空けて乗車し、アルコール消毒を行った。

 

 ミニ鉄道は大人320円、子ども(小学生以下)210円で、11月3日までの毎週日曜と祝日、午前10時~午後3時に運行される。

 

 クロスランドおやべ内の「ふれあいハウス」のうち、屋内遊具を備えた「げんきっこひろば」は12日まで休業する。